認証マークの説明
 


USDA(米国農務省)認証オーガニック
米国農務省(USDA)によるオーガニック基準をクリアした、オーガニック食品にのみ付けられるマークです。米国使用認可基準に沿った有機栽培(農薬、化学肥料不使用、オーガニック原料使用)を3年以上続けている有機農場からの作物であることが条件です。



EU有機(オーガニック)認証 
第三者の認証機関が、EUの有機農業規則に従って生産された農産物であることを証明しているマークです。

CERES: Certification of Environmental Standards GmbH (セレス)
ドイツの有機栽培審査認定機関で日本農林水産省のJASや米国USDAとも提携しています。
 

Bio Suisse
1981年にスイスに創設されたスイス最大の有機農家による非営利団体がビオスイスです。スイスではビオ農家のほぼ100%がビオスイスから認定を受けています。厳しいビオ認定基準を持ち、スイス国民の約90%が知っていると言われるほど人々に浸透しているマークです。


Naturland
ナトゥアラントは、農家への技術指導をはじめ、加工メーカーの検査、有機農産物の直売等の活動を行っています。農産品のオーガニック農法を推し進めており、その農法において5年以上を経過しなければオーガニック認定品として出荷ができない規定があります。また、フェアトレードに力を入れており、2010年からはフェア認証も行っています。



国際フェアトレード認証

原料が生産されてから、輸出入、加工、製造工程を経て「国際フェアトレード認証製品」として完成品となるまでの全過程で、国際フェアトレードラベル機構が定めた国際フェアトレード基準が守られている事を証明しているマークです。認証ラベルの意味は、途上国で日々、前向きに取り組む生産者の人たちの決意と、フェアトレードを求める世界中の消費者の熱望とが繋がり、前進していくポジティブな姿を、人が手を挙げている図柄で表しています。また、未来への可能性を青空で、そして成長や広がりを緑で表現しています。


■フェアトレードとは・・・
フェアトレード=公平な貿易とは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い発展途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を支える貿易のしくみをいいます。
欧米では人々の生活に浸透しているフェアトレードですが、日本ではまだまだ認知度が低いと言われております。国際フェアトレード認証の基準では、環境に配慮した持続可能な生産を基準項目の一つに上げており、また、生産者にオーガニック栽培を奨励する規則を設けています。 私たちがフェアトレード商品を選んで購入すること、それは体に良いオーガニック商品を選ぶことにも繋がります。そして、社会的に弱い立場の国や地域の人々を支援することに繋がる、とても身近な活動でもあります。