ご挨拶
 
RimexcoFoodsにご興味をもって頂きありがとうございます。
私たちはフェアトレードによるオーガニック製品を通じて、南米最貧国と言われているボリビアの経済の発展と、社会的に弱い立場の人々の支援をしたいという強い想いのもと2016年にショップサイトを立ち上げました。
 
Rimexcofoodsはボリビアでバイク等を販売している株式会社リメックスコの下で生まれました。
きっとオーガニック製品とバイク等の販売は、なかなか結びつかないと思います。バイクでの起業の理由ですが、そこにはやはりボリビアの経済を成長させたいという想いがありました。経済を成長させるには雇用と労働生産性を上げることが必要と言われており、また発展途上国はさまざまな社会設備のインフラも必要となります。しかし、ボリビアでは世界で人気の日本の中古車の輸入は1年未満の物と法律で定められており、またそれは価格も高く現地の人びとにとって気軽に買える物ではありませんでした。リメックスコのバイクは高品質で日本の中古車よりも価格が安いので、徐々に現地の人々に知ってもらえ、今ではオリジナルのバイクを販売し3年半になります。その中でも、荷物を運搬するのに便利なトライシクル(三輪バイク)はボリビア国内で商品の運搬やゴミの回収などに使われるようになりとても人気があります。それがボリビアの経済の活性化になり、最近では国内の新聞などのメディアにも紹介されるようになりました。また、先進国である日本企業のプロジェクトやビジネスとボリビアの政府機関を結びつける取り組みもしています。
 
次に、RimexcoFoodsの始まりについてです。これは私の体験談ですが、日本人の友人とボリビアに帰国した際、人気観光地のウユニ塩湖を訪れました。そこで友人がお土産を買ったのですが、お土産物屋さんのおじさんが、その小さなお土産二個の合計の計算をするのに電卓を出して悪戦苦闘している姿を見て、「こんな簡単な計算も出来ないんだね。」と私に何気なしに言いました。私は恥ずかしいというより、とても悲しくなりました。日本には義務教育の小学校と中学校があります。ボリビアにも義務教育はありますが、まだボリビアではそれが浸透していません。私はスペインで学び、日本の大学に来て海外生活はもう25年になり、私自身もこの豊かな国日本での生活が当たり前のようになっていました。日本で事業を始めた時から漠然と描いていた祖国ボリビアへの支援活動の想いはこの時に、今すぐ行動に移さなくては!と私の決意をより強いものにしました。
 
ボリビアには昔からの環境に優しい伝統的な方法で作られた品質の高いオーガニック製品がたくさんあります。しかし、今までその販売ルートはほとんどありませんでした。私たちは現地に直接行き、直接取引をする事が可能です。そして、日本との販売ルートを作ることでボリビアのオーガニック農産物の生産者と日本の消費者を結びつけたいと思っております。また、私たちは年に数回ボリビアへ赴き畑や工場などの施設を視察し、時には日本の優れたオーガニック製品の扱いや土を守る方法をアドバイスすることもあります。これらの取り組みはすべて日本の皆さまに品質の良い商品を安心してお届けする為でもありますし、伝統的な製法を守り続けた彼らにとって生産をすることがきっと誇りにもなり、村の成長に繋がるでしょう。また、彼らの安定した収入により子供たちに教育を受けさせることができる余裕も生まれてくるでしょう。そして、いつか教育が当たり前になった時、ボリビアから日本への留学生がもっと増え、日本の良いところをボリビアに持って帰ってくれる時がくることを望みます。
 
発展途上国を支援する…よくある話だと思って流さないでください。現実にまだボリビアの農村部や一部の地域では学校がなく教育が浸透していません。一度は行きたい絶景と言われているウユニ塩湖ですが、そこも南米で一番貧しいと言われる国ボリビアです。まだまだインフラも発達していません。この活動を通じて、日本の皆さまにボリビアという国に興味をもって頂き、知って頂ければ嬉しいと思っております。私のビジョンは語りつくせないほどとても大きいものですが、それは日本に住むボリビア人としての使命だと信じております。
日本人の良き友人、良きビジネスパートナーに出会えたこともこのRimexcoFoodsの立ち上げの大きなきっかけとなりました。またRimexcoFoodsが出来てまだ数ヶ月ですが、新しい素敵な出会いもいくつかありました。すべての出会いに感謝し、日本とボリビアの交流、そしてこのプロジェクトを成功させる為に人生を捧げます。
アルタミラノ ルーベン
2017/02/24